59醸

未来は、ゴクジョウだ

59醸酒2019

59醸は、毎年テーマを決め、5蔵それぞれが仕込んだ「59醸酒」をリリースしています。 2019年度のテーマは、「道なかば」。 10年間の活動期間の折り返しとして、まだまだ道なかばな5人へ「中間テスト」を実施! 「信交酒545号(山恵錦)」、「精米歩合59%」の共通ルールに、「初年度(2015年)と同じ酵母を使用する」という追加ルールを加え、5蔵それぞれで醸した“ゴクジョウ”な純米吟醸です。

北光正宗

Hokkomasamune

原料米以外を初年度の59醸酒と同条件で製造。軽快さ、キレの良さを一層追及した「中間テスト」な59醸の酒。

◎長野県産信交酒545号(山恵錦)100%使用
◎精米歩合 59%
◎日本酒度 +7
◎アルコール分 15度」

勢正宗

Ikioimasamune

製造工程上で、「道なかば」の存在である酒母。伝統である四段仕込に酒母を使用して、勢正宗「らしい」辛口な味わいの境地に挑んだ

◎長野県産信交酒545号(山恵錦)100%使用
◎精米歩合 59%
◎日本酒度 +11
◎アルコール分 15度

積善

Sekizen

「開花を待ちわびる高揚感」2種の花酵母ブレンドで華やかで爽快な今の積善らしさを追求した59醸の酒

◎長野県産信交酒545号(山恵錦)100%使用
◎精米歩合 59%
◎日本酒度 +1
◎アルコール分 15度

本老の松

Motooinomatsu

長野C酵母と信交酒「545」で醸したテーマ「道半ば」。その味わいは3K(甘美・気品・小粋)が際立つ59醸の酒。。

◎長野県産信交酒545号(山恵錦)100%使用
◎精米歩合 59%
◎日本酒度 -6
◎アルコール分 15度

福無量

Fukumuryo

山の自然の変化のように飲むほどその感じを変える、R.シュトラウスのアルプス交響曲を聴かせたゴクジョウの酒。

◎長野県産信交酒545号(山恵錦)100%使用
◎精米歩合 59%
◎日本酒度 -5
◎アルコール分 15度